いのちの教育

はじめに

桃山学院中学校高等学校では2012年度に「いのちの教育室」を設置しました。保健指導委員会を中心としたAED講習会などのいのちを守る取り組みを、より多くの観点視点からとらえるためです。保護者の参加可能なものは生徒さんを通じて連絡していきます。

救命講習会(AED含む)

対象:生徒・保護者・地域・教職員

  1. 生徒:中学、高校各1年生と2年生に、教科保健にて救命講習会
  2. 保護者・地域:PTA主催の救命講習会(2回/年)
  3. 教職員:教職員救命講習会   (専任、非常勤ともに毎年1回必ず受講)
  4. その他:文化祭にてミニ救命講習会

人形15体とAEDトレーナー10台を使用し、参加者が複数回実習できるように工夫しています。

聖バルナバ病院思春期教室

対象:生徒

中学、高校とも2年生の秋(国際コースクラスBのみ高校1年生)に産婦人科、小児科専門病院である聖バルナバ病院を訪問します。生まれたての新生児見学や妊婦体験、助産師さんからの講義を通して、いのちの大切さを実感します。

いのちの教育(中学生のみ)

対象:生徒

中学1年生
「自分を大切に 友達も大切に」 日常のルールから、友人との付き合い方、いのちの大切さを学びます。
中学2年生
聖バルナバ病院訪問
中学3年生
「カフェテリア方式 いのちの教育」 5つの講座から受けたい授業を生徒自らが選んで受講します。

これまで実施された講座

  • 「救命救急 医系学生からのメッセージ」 講師:関西学生BLS協会
  • 「輝くいのち」 講師:助産師
  • 「元気力アップ講座 もっと自分を好きになるために」 講師:産業カウンセラー
  • 「もっと友だちと仲よくなるために」 講師:本校カウンセラー
  • 「夢を持ち続けるということ」 講師:本校教員

響プロジェクト

対象:生徒・保護者・地域・教職員

生徒だけでなく、教員、保護者、地域の方も含め、みんなでいのちについて考えようと企画されたプロジェクトです。いのちに関する講義や勉強会を開催します。

これまで実施された講座

  • 「輝くいのち」 講師:助産師
  • 「救命救急 いのちの現場から」 講師:救急救命士
  • 映画「うまれる」上映会

ボランティア活動の取り組み

2012年度 東北 南三陸でのボランティア活動
・高校生34名・教職員9名参加 主に瓦礫撤去 ボランティアサークルの発足につながる

2013年度 東北 南三陸でのボランティア活動
・高校生54名と教職員10名が参加 主に瓦礫撤去

2014年度 東北 南三陸でのボランティア活動
・高校生27名と教職員11名が参加 主に瓦礫撤去

2015年度 東北 南三陸でのボランティア活動
・高校生22名、中学生36名と教職員11名が参加 主に瓦礫撤去

 

SBSの活動

「スクール バイ スクール」

学校による学校建設を目指して国際コース1期生が開始しました。フィリピンにデイケアセンター設立やバングラデシュに飲料用貯水池の整備などに取り組んでいます。


このページの先頭へ