クラスA カナダ短期留学 生徒の感想

T.K さん

短期留学を通して現地の人との会話もスムーズにできるようになり、英語に対する自信がつきました。また、カナダは日本に比べると外国人に対する理解があり、誰に対してもオープンに接してくれる国だと実感しました。将来は海外を相手にする仕事に就き、日本をもっと世界に誇れる国にしたいです。

T.K さん

僕はこの留学のために桃山学院高校を専願しました。たった一ヶ月だけの海外生活は風のように過ぎて、気づけばもう帰国まで後一週間というような感じでした。カナダへ行く前は、ホストファミリーと馴染めるだろうか、自分の英語力で大丈夫だろうか、みたいなことを毎日のように考えていましたが、いざホストファミリーに会うと、彼ら本当の家族のように非常に暖かく接してくれて、一週間もすると行く前に持っていた不安は消えていました。カナダでの毎日の出来事の全てが新鮮で、刺激的でした。日常で目にする小さな疑問には、ホストファミリーが一つ一つ、僕にわかるように簡単な英語で答えてくれました。初めは文化の違いで戸惑うことも沢山ありました。日本で使った事の無い洗濯機や、お湯に限りがあり、運が悪ければ水になってしまうシャワーなど、あの時は四苦八苦しましたが、今となれば良い思い出です。あれだけ不安だった留学も、学校で行われるプログラムやホストとの生活で、いつしか楽しみに変わっていました。自分の中の世界が広がる、という経験を初めて実感しました。文化、宗教、民族と沢山の事物が融合するバンクーバーで過ごした一ヶ月間は僕にも、きっとクラスの皆にも、確かな目標を見つける第一歩になったと思います。本当に良い経験になりました。支えてくれた先生方、ホストファミリー、機会を与えてくれた両親に感謝します。これからはこの経験を生かして、将来へ進んでいきたいです。


このページの先頭へ