桃山学院中学校2022
19/32

18世界でも多くの人に使われているスペイン語を学びたいという思いがあり、担任の先生の勧めを機に、大阪大学をめざすようになりました。中高ともクラブに所属しており、受験勉強を本格化させたのは高3の7月です。帰宅後は疲れて寝てしまいがちなので、カフェで7時間勉強するなど、工夫しながら勉強量を確保。志望大学対策の講習で頑張っている仲間の姿を見ると、自然と意欲が高まりました。無事合格できたのは、自由な校風だからこそ身についた自律性があったからだと思います。谷 幸音さん中高一貫コース 選抜クラス2021年卒業大阪大学 外国語学部 スペイン語専攻 在学初めて知ることや難しい範囲も、先生方が面白く楽しく教えてくださるので、興味を持って授業に臨めます。気になったことを突き詰める力も身についたと思います。コロナによってさまざまなことが中止になり、普段どおりに学校生活を送れることが、どれだけ大切なのかがわかりました。授業(午後)………●終礼・掃除………●クラブ活動…………●昼休み………●自習ステージ………●難関大学合格をめざして努力を重ねた先輩、クラブ活動に情熱を注いだ先輩など、自分の夢をかなえた先輩たちからのメッセージをご紹介します。みなさんのこれから始まる高校生活のヒントになるはずです。卒業生紹介先生の助言をきっかけに第一志望を決定。仲間の頑張る姿がモチベーションの源に。中高とも硬式テニス部に所属していたので、授業を大事にしていました。受験勉強を始めたのは高3の6月です。「質より量」と考え、平日7時間、休日12時間のペースを徹底。理解する過程をゲーム感覚で捉え、「英単語を覚えるほど長文がスムーズに読める」と楽しむことでモチベーションを保ちました。やり遂げる原動力となったのは、「国公立大学に進学し、中学の理科の先生になりたい」という思い。6年間ともに過ごし、支え合える関係である仲間の存在も大きかったと感じています。綿谷 佳樹さん中高一貫コース 進学クラス2021年卒業信州大学 理学部 理学科 在学授業を大事にすることでクラブ活動と両立。ゲーム感覚でレベルアップに励みました。中学2年時の谷さん学校にも慣れ、勉強・部活動・行事などを楽しんでいました。一番の思い出は部活動。ここで得たものは将来に必ず生きると思います。中学3年時の綿谷さん

元のページ  ../index.html#19

このブックを見る