教員メッセージ

英語

読む・書く・聞く・話すの4技能を伸ばす英語教育を実践しています。
英語を通じてさまざまな国の文化や習慣、ものの考え方を学び国際社会で活躍してほしいです。

北川 泰斉

国語

答えが決まっていないことを考えたり、小論文を書いたりなどは中学から始めています。
受験のためだけではなく、社会に出て活躍できる人間を育てる学びを提供しています。

藤原 啓貴

数学

考え、発見する授業と反復練習による実力アップ

1週間の授業数が標準より多いことを生かして、生徒が自ら考え、お互いに討論し、発見していく授業をしています。小テストを頻繁に行うことにより学習内容の定着を図り、数学が苦手な生徒がわからないまま進んでしまうことのないようフォローをします。中学の間に、高校の範囲に入る先取り学習と反復学習を並行して行い、実力アップを図ります。

加藤 智宏

社会

授業内に主要語句を確実に理解し、定着させる授業

学習内容を繰り返し確認することで、授業内で定着させることを意識しています。また、電子黒板を活用し、授業プリントやスライドはiPadへ配信、視覚的に学ぶことで社会科学習への関心を高めたいと考えています。「なぜ」「どのように」と思う気持ちを大切にし、一つひとつを解決することで「もっと知りたい」と思えるような授業作りをめざしています。

安部 竜也

理科

一貫校ならではの自ら学ぶ楽しさを知る授業

高校受験がない分、時間的なゆとりがあります。実験・観察を多く取り入れたり、高校で学習する内容を混ぜたりしながら授業を進めています。日常生活のさまざまなところで科学技術が使われていることや、それが必要不可欠であることを知り、理科を身近にとらえて、自ら学ぶ楽しさを知ってもらいたいと考えています。

田中 智晴

保健体育

楽しさと規律、多様性のある学び

体力の向上はもちろんですが、体育が得意な生徒にもそうでない生徒にも、全員で取り組み支え合うことや、規律を守ることの大切さを学んでほしいと思っています。充実した施設・環境の中で、安全に配慮しながら個々のレベルに合わせて興味を引き出す、多様性に富んだ授業です。ぜひ楽しみながら学んでください。

松村 諭


このページの先頭へ