高等学校の標準服

TPOに応じた着こなしを学び、自主規律の精神を習得

中学校の時期に服装の基本を学び、規律ある学校生活を送るため、また安全上の観点から、「生徒を育て、守るための服装」として中学校では制服を定めています。なお、高等学校では、自主規律に基づく「服装の自由」が伝統ですが、選択肢の一つとして「標準服」があります。

標準服

信頼に基づく「服装の自由」

生徒たち自身が自主的な規律を作り、
桃高生にふさわしい身だしなみやマナーを実践する

本校では、生徒自治会からの要望に基づき1971年10月から服装の自由化を実施しているため、いわゆる「制服」はありません。これは、「生徒への信頼に基づく教育」を教育方針に掲げ、「自主規律」を大きな特色とした独自の校風を創り上げてきたことの表れです。なお、選択肢の一つとして「標準服」があります。国際コースは留学時に着用しますので全員購入となりますが、日頃の着用は生徒の自由です。S英数・英数・文理・中高一貫コースについては購入・着用ともに生徒の選択に任せています。

本校の自由な校風とは、生徒・保護者・教職員の信頼関係の上に成り立っているものです。自由の意味を取り違えることなく、スカート丈は膝の中心、頭髪の染色やパーマ・化粧・ピアスをしないなど、桃高生にふさわしい良識ある服装を整えるよう、私服・標準服ともにマナーや身だしなみの指導を行っています。

Message生活指導部長メッセージ

「自主規律」と「自由と愛の精神」を基軸に、自ら考え、判断できる、人間性豊かな生徒の育成をめざしています。

自由とは、勝手気ままに振る舞うことではなく責任を伴うものであること、愛とは、親や友人、周囲など、人を思いやる気持ちであることを知ってほしいと願っています。そのために、学校で定められたルールを押し付けるのではなく、生徒の内面に問いかけるような指導を心がけています。ルールや秩序を理解し、受け入れることで、素直な心も育んでもらいたいと考えています。

生活指導部長 谷村 憲貴


このページの先頭へ